診療科・部署別の第二新卒看護師求人データ

新人看護師が外来勤務に就くメリット・デメリット

新人看護師が、初めから外来勤務を言い渡されることは多くありません。自分から希望して、家庭の事情で外来勤務を申し出る、そもそもクリニック系の入院の無い施設に入職したと言う事で外来勤務となることはあります。 若い新人看護師が・・・

総合病院における新人看護師の配属先の現状

希望の配属先に配置されましたか? 新人看護師のモチベーションに係る事として、配属先は重要ではないでしょうか? 総合病院では、多数の診療科があり、内定の際に「配属先希望」を聞いてくれる医療機関が多いことでしょう。それが、必・・・

第二新卒看護師として「オペ室」へ転職!

手術室看護師のイメージは、忙しい、難しい、ミスが許されない、シビア、高度な技術を要求される、タイム的・体力的・精神的プレッシャーが強いなど、厳しい現場を創造する事が多いでしょう。 しかし、やっている看護職員を観ると、憧れ・・・

第二新卒看護師として「回復期リハビリテーション病棟」へ転職!

回復期リハビリテーション病棟について関心のある新人看護師の方は、人の機能回復や健康増進に興味のある方でしょう。 一般的にはリハビリテーションとはリハビリテーション専門の理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などの専門スタッフ・・・

第二新卒看護師として「急性期病棟」へ転職!

急性期医療や急性期看護についてどのようなイメージがありますか? 忙しそう、高度な知識が必要、ストレスが多そう、毎日クタクタになって、自分を振り返る余裕が無さそうなどとマイナス意見を聞くことがあります。この他、やりがいがあ・・・

第二新卒看護師として「慢性期病棟」へ転職!

第二新卒看護師が、慢性期病棟を希望する理由は、急性期病棟を経験して自分に合わないと感じた場合や、そもそも忙しくバタバタと仕事をすることが苦手で慢性期の看護を経験をしたいと考えている場合があります。 慢性期病棟のイメージは・・・

外科勤務と内科勤務を徹底比較!

内科と外科は対象的な職業です。外科のようなきびきびとした動きの激しい仕事がしたい新人看護師、ゆったりと仕事がしたい内科向きの看護師等、働きたい職場雰囲気で就職先や転職先を選択する事でしょう。 しかし、その現場の実態を知ら・・・

第二新卒看護師として「臨床検査科」へ転職!

臨床検査科というのは、患者から採取した血液や尿などを検査するところなのですが、検査の方法は1つだけではなく、多数存在しているのです。病院によって多少異なるのですが、基本的には7つの分野に分けることができます。それは血液の・・・

第二新卒看護師として「麻酔科」へ転職!

病院には麻酔科と呼ばれている診療科がありますが、麻酔科は手術と切っても切り離せないほど関係が深くなっています。麻酔科というのは現段階で手術を行うのが可能なのかを判断する重要な診療科なのです。 重症になれば誰でも手術を行っ・・・

第二新卒看護師として「泌尿器科」へ転職!

通常看護師というのは、どこの診療科でも女性が多いのが特徴なのですが、泌尿器科に関しては、女性よりも男性の方が現在では多い傾向にあるのです。もちろん女性の看護師も勤務しているのですが、なぜ男性看護師の転職が多くなっているの・・・

第二新卒看護師として「病理診断科」へ転職!

病理診療科というのも2008年の法改正で新しく誕生した診療科です。そのため、まだ求人数がそれほど多いというわけではないのですが、知名度も低い状態なので、新人看護師が転職するときには有利になることもあるでしょう。病理診療科・・・

第二新卒看護師として「緩和ケア科」へ転職!

緩和ケア科は心身の痛みや苦しみを緩和することを目的とした診療科です。普通の看護師と同じように医師の指示を受けるのですが、緩和ケア科の医師から指示を受けることもあれば、麻酔科の医師から指示を受けることもあります。麻酔は手術・・・

第二新卒看護師としての「小児科」へ転職!

小児科というのは子供の病気全般を診る診療科なので、子供が病気になったときに、どこの診療科を受診するべきかわからない場合には、まず小児科を受診するのが基本となります。よって看護師の仕事も、子供の病気全般を診ることになるので・・・

第二新卒看護師として「精神科」へ転職!

ほとんどの診療科では、男性看護師よりも女性看護師の方が多くなっていますし、大半が女性看護師で占められていることも決して珍しくありません。しかし、精神科では現在男性看護師が求められているのです。 なぜ精神科では男性看護師が・・・

第二新卒看護師として「眼科」へ転職!

クリニックに勤務する場合には、看護師の仕事は目の検査や受付など、ある程度限られた仕事しかありませんので、他のクリニックよりも看護師が少ない傾向にあります。しかし、病院で勤務する場合には、眼科の治療の多くは手術になっている・・・

第二新卒看護師として「皮膚科」へ転職!

■病院とクリニックで多少仕事内容が変わる 通常どこの診療科であっても、病院とクリニックで仕事内容が異なることはあまりありませんが、皮膚科の場合には、病院とクリニックで仕事内容が異なっているのです。クリニックの場合には医師・・・

第二新卒看護師として「産婦人科」へ転職!

出産に関することだけを学べるわけではない 産婦人科と聞くと、出産を助ける診療科というイメージを持っている人が多いのですが、出産や新生児の病気を診るのが産科であり、婦人科とは異なっているのです。婦人科というのは女性特有の病・・・

第二新卒看護師として「救急科」へ転職!

救急科は名前の通りに、救急患者に対応する診療科なのですが、救急患者の中には救急車で運ばれてくる重傷者もいますし、具合が悪くなったと自分の足で歩いて来院する人もいます。 全て同じような対応ではいけませんので、一般的な救急科・・・

第二新卒看護師として「放射線科」へ転職!

放射線科というのは、レントゲンやCTと言った放射線検査を行う診療科ですが、検査を実施するのは診療放射線技師と呼ばれている人になっています。それでは看護師がどのような仕事をしているのかというと、検査内容を患者に詳しく説明し・・・

第二新卒看護師として「耳鼻咽喉科」へ転職!

耳鼻咽喉科の特徴は、医療機器を使うことが多いということです。そのため、機械類を素早く的確に取り扱えるスキルが必要になるのですが、他の診療科や職場では経験することはできません。しかも他の診療科より、新人看護師が採用してもら・・・

第二新卒看護師として「地域医療連携室」へ転職!

現在の医療では、医療の専門化、細分化によりより高度で専門性高い技術を要求されるようになりました。診療報酬の改定から在院に数の短縮などが必要となり、患者さんの医療を受ける環境も激変してきました。 軽症から重症、急性期から慢・・・

第二新卒看護師として「和漢診療科」へ転職!

2005年に誕生した和漢診療科は、まだあまり認知されていない診療科なのですが、どのような診療科なのかというと、東洋医学と西洋医学が融合した診療科です。 西洋医学というのは、現在日本で行われている診療であり、東洋医学を代表・・・

第二新卒看護師として「内視鏡室」へ転職!

内視鏡とは、人体内を観察するために出来た医療機器で、カメラを内蔵し、先端を鼻腔、口腔、肛門などから挿入し、内部映像をとらえます。喉頭内視鏡は、一般的に耳鼻咽喉科にて鼻腔、咽頭、喉頭、食道を観察します。 上部消化管内視鏡は・・・

第二新卒看護師として「新生児特定集中治療室(NICU)」へ転職!

新生児特定集中治療室とは、早産、低出生体重児、なんらかの疾患をもつ新生児を24時間集中的に観察し、管理や治療を行う診療科です。保育器や人工呼吸器、心電図モニター等の常備と、新生児専門医師の常勤と当直医の専従、患児3名に対・・・

第二新卒看護師として「看護専門外来」へ転職!

現在の医療では、専門性や高度化を求める事が強まっています。それは医師のみではなく、看護師にもスペシャリストとしての活躍を求められるようになってきました。高齢化社会による複雑化する疾患を有する患者の増加、中高年の生活習慣病・・・

第二新卒看護師として「集中治療室(ICU)」へ転職!

集中治療室(ICU)とは、呼吸、循環、代謝やその他の重篤な急性苦悩不全患者に対して、24時間体制で健康管理を行いより効果的で安定した医療と治療が行われる診療科です。内科系、外科系問わず、胃の地に去られた患者を収容し、集中・・・

第二新卒看護師として「医療安全対策室」へ転職!

安全性が高く、質の高い看護が提供されるよう、療養環境が患者さんにとって不利益となるような事が無いように日常的に引き起こされたインシデントやアクシデントの情報分析を行い、次に同じ危険を引き起こさないように事故防止に努める、・・・

第二新卒看護師として「訪問看護室」へ転職!

病気や障害を持ち療養が必要とする人が、自分らしいありのままの姿で生活出来るよう、病院の訪問看護室・訪問看護ステーションより看護師がお宅を訪問し、看護ケアや、医師の指示による医療行為を行う事を言います。医療を必要とする人が・・・

第二新卒看護師として「総合外来」へ転職!

総合外来科とは、総合診療科という診療科です。他の病院では診断がつかなかった不定愁訴や症状に対して経観察し、適切に検査して原因を明らかにし、必要な治療が受けられる診療科に専門治療をお願いする診療科でもあります。 原因不明の・・・

第二新卒看護師として「人工透析科」へ転職!

人工透析とは、腎臓の機能を人工的に行う治療の事で、腎不全状態になった患者さんが尿毒症になる事を予防するために、人工的な手段で「老廃物除去」「電解質維持」「体内の水分量維持」を目的に血液浄化を行う治療です。透析の方法には、・・・

このページの先頭へ