第二新卒看護師として「訪問看護室」へ転職!

病気や障害を持ち療養が必要とする人が、自分らしいありのままの姿で生活出来るよう、病院の訪問看護室・訪問看護ステーションより看護師がお宅を訪問し、看護ケアや、医師の指示による医療行為を行う事を言います。医療を必要とする人が、在宅で生活し続けられることを支援します。サービス内容として、身体の清潔保持、食事や排せつの介助や家族指導、病状観察と、医師の指示による医療処置や投薬の施行、医療機器の管理を行います。

利用者の特徴として、医療保険での利用者は、医師の指示さえあれば、生まれたての新生児から、高齢者まで病気や障害を有する方であれば年齢に関係なく利用できます。介護保険利用の場合、よう支援1~2、要介護1~5に該当し、ケアマネージャーを通して居宅サービス計画書を作成し、介護保険の利用で訪問看護を計画された方が利用できます。

在宅医療と病院での医療行為との違い

訪問看護でのお宅訪問は、訪問看護師一人で伺う為、トラブルが発生しても手助けしてくれる人がいないと言うのが特徴です。訪問時間が決められ、決められた時間内に必要なケアや処置を確実にこなさなければいけません。それも、一人で行います。治療機器や薬剤、看護ケアの必要物品や、病院にあるような専用の機器や機材がなく、工夫しながら適切な方法で適切な処置、ケアを行わなければなりません。お宅にある物を代用と言う形をとる事もあります。

訪問看護師の役割

医学的な総合的知識と、急なトラブルに対する臨機応変な対応と判断力、医師やケアマネージャーやり王社とそのご家族との連絡調整能力、コミュニケーション能力が必要となります。また、在宅生活を送る上での利用者と家族の方に対する必要知識の指導力も必要です。

新人看護師さんは、経験が浅く、咄嗟の判断力や決断力に欠ける部分があり、訪問看護師を始めるには病院での臨床経験が求められます。入浴や排泄介助、リハビリテーションなどの看護技術と、転倒や転落予防、感染管理や衛生管理などの知識と対策、指導能力も必要です。緊急時の判断力と行動力、急変対応等の必要です。

訪問看護師に必要なスキル

臨床経験、コミュニケーションスキルが必要です。一人で訪問し、一人でケアを行い、時間内に終わらせて帰ると言う一連の流れがあります。時間配分を考え、創意工夫し、利用者の安全と安楽を考慮し、その方に合った、その家に合った方法で医療行為を行う判断力と実戦力が必要です。

病院へ入職すると、新人看護師オリエンテーションや集団研修で必要な技術等を習います。それを踏まえて実践力を養い、訪問看護師を始めることをお勧めします。また、療養上の事や病気の事、介護についてなど家族からの質問を受けることがあり、その質問に応えられる医療知識と看護知識が身についていなければ信頼関係にひびが入る事があります。新人看護師だからと言って甘く許される世界ではありません。在宅療養をするために、患者さんと支えるご家族は必至です。それに応えられる技能が要求されます。

介護に関する知識も必要で、褥創管理に対する体位変換知識や方法の伝授、認知症の利用者に対する家族の対応方法の説明や指導が必要な事もあります。栄養管理や皮膚や清潔ケア、排泄援助やおむつ交換などの介護負担が軽減できるような方法の説明や指導が必要な場合もあります。介護保険制度や福祉用具等のついての知識があれば、より利用者さんを近くに感じ、個別性重視の情報提供が行える事もあります。

訪問看護師になると身に付くスキル

医師の指示を、自分の判断で実践する、患者さんの状況を判断しその状況に置かれている物を使って看護を行うと言う事から、看護師としての実戦力と判断力、臨機応変性を養う事が出来る。検査データに頼るのではなく、直感や何か違うと言う気付きから判断、何かを発見する事もあり、観察力を養う事も出来ます。ホームへルパーや介護福祉士、ケアマネージャーなどの介護系の資格を取得する不問看護師も多くいます。

また、看護師としてのスキルアップには、訪問看護認定看護師の資格取得もあります。質の高い実戦力と、経験に基づく知識、家族や他の訪問看護師への指導や助言を行える専門性高い資格となります。第二新卒看護師では、認定看護師の資格は大学卒業レベル同等の知識が必要となる為、大学進学し所定の過程を修める必要があります。

訪問看護の仕事に興味がある新人看護師さんへ

勤務時間が決められ、その時間訪問しケアを行うと言うこととなり、残業や夜勤は基本ありません。利用時間は、その患者さんだけに関わる事が出来、一人に向き合った真剣な看護が行えます。また、信頼関係が構築されやすく、頼りにされる、やりがいを感じると言う事があります。また、一人での訪問は、責任感が重大ですが、思いの看護を実践でき病棟のような人間関係などに苦しむことは少ないと言われています。

勤務形態も、パートやアルバイト登用も可能である為、勤務の自由さも魅力の一つです。また、その責任の重大さ、大変さから、夜勤が無いのに高給与と言われています。

しかし、事業所や雇用形態などにより収入や待遇が様々です。一人で行うと言うプレッシャーと、時間的制約、籠られ他資源の活用によりケアや処置を工夫して行わなければならない精神的負担が多い。教育体制等が無い事が多く、見よう見まねの実践となる事が多い。肉体的にも、一人で行うと言うハードさある。一人で不安を抱えることが多い。コミュニケーションが苦手な看護師や人とじっくり向き合う事が苦手な看護師であれば、その時間が負担となる事もあります。

新人看護師は、看護師としての技能が未熟と言う事が第一の心配ごとです。一人ですべてをこなさなければならないプレッシャーに勝てるまでは不向きな現場が訪問看護です。

サブコンテンツ
一度でも転職を考えたことがある新人看護師さんへ

  • 今の職場に不満がある
  • 将来やりたい看護がある
  • 新人としてのスタートに失敗したのでやり直したい

こういった現状で転職の可能性が少しでもあるなら、早めの行動を起こすことが大切です!

そこで今すぐ活用できるのが『看護師専門の求人サイト』です。

実績上位の2~3サイトに無料登録しておけば、全国の求人のほぼすべてを見ることが出来ます。

そして、いざ応募する段階になったら、アドバイザーによる採用率アップのためのサポートを受けることができます。

今すぐの転職ではなくても、まずここで情報収集をスタートさせておくと、後々の仕事探しが断然スムーズになります!

看護師専門求人サイトの登録・利用はすべて無料です。

経験が浅い新人看護師でも有利に仕事探しを進めていくことができるので、どんどん活用していきましょう!

↓おすすめの登録先はこちら↓

【2020年版】
看護師専門求人サイトランキング

※最新の「紹介実績・口コミ評価・サポート充実度」を総合したランキングです。

  1. マイナビ看護師

    利用者満足度96%以上を毎年キープしている人気No.1の定番求人サイト。

    定着率の高い求人が厳選されているので、第二新卒看護師でも安心!求人のバリエーションも豊富なので、「病院以外の職場」にチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

  2. ナースではたらこ

    膨大な求人保有数が強みの求人サイト。常勤と非常勤のどちらの求人もバランス良く揃っているので、働き方の選択肢を増やしたい方におすすめです。

  3. 看護のお仕事

    親身なサポートが評価されている求人サイト。あせらずにじっくり転職活動を進めて行きたい方におすすめです。

このページの先頭へ