新人看護師のための仕事術

新人看護師が知っておきたい「輸血」の基礎知識

輸血療法は患者さんの命に直結する治療で、この取り扱いの誤りは重大事故に繋がりますし、この治療が患者さんの命を救う、命に直結した治療でもあります。 また、重大な副作用を発症する事もある為、輸血療法を実践する際は、その取り扱・・・

もうすぐ二年目に突入する新人看護師の目標設定・チャレンジしたいこと

看護師二年目ともなると、業務を理解し、自分で対応できることが多くなっています。そして、一番違う事は、後輩が入ってきて先輩ナースになると言う事です。 もうすぐ二年目がスタートする新人看護師の目標設定とこれからの能力アップに・・・

雑用ばかりでやりたかった看護と違う!

新人看護師となり、実践教育を受ける日々、看護実践以外にも雑用を依頼されることがあります。 物品整備、物品片づけや洗浄、ゴミ捨てや環境整備、掃除や倉庫の片づけなど、看護に関わらない仕事を命ぜられることがあります。 新人看護・・・

新人看護師の挫折パターン

入職して数カ月がたちました。夏を前に、夜勤を始めようかと言われている新人看護師の方もいるでしょう。日勤業務の一人立ちを求められている新人看護師の方もいるでしょう。 周囲は、成長に期待を抱き、次々と教育指導を行ってきますが・・・

失敗が重なったときに思い起こしたい・見直したいポイント

新人看護師にとって初めて教えてもらう業務や教えてもらってから初めて実践する業務では、失敗やミスはつきものです。また、仕事に慣れてきた頃の気の緩みによるミスもあります。 一度失敗したら、「もうしない」と気を引き締めるのです・・・

先輩看護師に指導を受けるときの姿勢・態度

看護師として勤務を始める新人看護師は、どのような気持ちで仕事を開始しますか? 「職員なのだから、教えてもらって当然」「覚えが悪くて申し訳ない」「一人の専属の先輩がついてくれてありがたい」「なんで分かりやすい説明が出来ない・・・

わからないことや疑問に思うことがあったときの対処法

看護初心者の新人看護師は、多くの分からないことや疑問に思う事があります。それを、研修やセミナーに参加したり、プリセプターとの勉強会、日々の実践から学び、知識や技術として身につけます。 しかし、実践や教育により教わったこと・・・

新人看護師が知っておきたい医療事故に関するあれこれ

看護師の行う仕事は、人の手で行われ、時に失敗やミスが起こります。 人の行う事に確実や完璧という事はなく、人というものは失敗するものと理解し業務に当たる事で、確認動作を繰り返す事やマニュアルを徹底する事、危険予知や事故防止・・・

ローテーション研修への取り組み方

新人看護師が、一人前に成長するには3年は時間を要すると言われています。しかし、新人看護師には、リアリティショックという理想と現実へのギャップに対する衝撃により、入職1年以内の退職は9.2%、概ね1割の看護師がドロップアウ・・・

気をつけよう!嫌われる新人看護師の特徴とは?

仕事を初め慣れてきた頃、周囲の人間関係が見えてきます。他の看護職者や医療職者の陰口や悪口を言っている先輩看護師が目につきます。 新人看護師がその対象となることが多く、新人看護師は同期の事を言っている事を聞いてしまう事があ・・・

新人看護師とクリニカルラダーシステム

看護師の継続教育や能力開発にクリニカルラダーを用いる医療機関が多くあります。全国の看護協会の看護師スキルアップ研修にも、クリニカルラダーの段階別研修を計画している内容が多く、一般的な教育方法と言えます。 新人看護師にも、・・・

新人看護師はレジリエンスを鍛えよう!

新人看護師の早期退職や離職を阻止しよう、人材確保しようという試みから、教育方法の改革や教育者側への研修や教育により、新人看護職員が看護を学びやすい環境整備を行う事業所が増えてきました。 しかし、個々の精神面の強さや性格は・・・

物品管理《困ったときの看護技術メモ》

新人看護師にまず、はじめに任せられる仕事の一つの中に、物品の管理があります。物品購入や、物品の不足の際の補充など、雑用と感じられる仕事である為、苦手とする新人看護師が多いのではないでしょうか。 私は、看護をする為に仕事に・・・

看護師1年目の乗り切り方・目標設定【1~3月 編】

もうすぐ入職して一年が経とうとしています。新人だったあなたも先輩になる時期です。この時期の新人看護師は、大体の業務内容を理解し、大体の病棟で必要なスキルを経験し、他の職員同様の仕事量を任されているころです。任されても、苦・・・

新人看護師がプリセプターシップを最大限に活用するために

まず、プリセプターシップを導入し、新人看護師教育を行っている医療現場は、全国で約54%の医療機関と言われています。その中でも、病床数300床を越える病院では、約88%の病院でプリセプターシップを施行しています。 このこと・・・

新人看護師の休み希望に関するあれこれ

シフト制で動いている看護師の勤務では、シフトの希望を聞いてくれることがあります。 しかし、新人看護師は、教わる立場、経験をさせてもらっているという視点があり、希望を言う事に対して申し訳なさや遠慮を感じることがあります。 ・・・

全科共通で必要になる基礎的な看護技術・知識

新人看護師が初めに行う集合研修では、、前科で役立つ看護知識や技術の講義、演習を織り交ぜた研修が特徴的です。 期待に向けを膨らませ、真新しい白衣を身にまとい、これから自分はどのような毎日を過ごし、看護とはどのようなのもかと・・・

新人看護師が1ヶ月ごとに振り返るべきポイント

4月に新人看護職員として入職し、集合研修や 現場教育により少しずつ実践できる内容が増えてきたことと思います。 また、慣れてきて、実践できるようになれば、次のステップへの話が湧きおこり、また、不安と期待に思いを馳せる様にな・・・

看護基本技術103項目に取り組む新人看護師さんへ

厚生労働省では、新人看護職員の身につけるべき看護基本技術を103項目認定しています。 それは、「環境調整技術」「」食事援助技術」「排泄援助技術」「活動・休息援助技術」「清潔・衣生活援助技術」「呼吸・循環を整える技術」「創・・・

新人看護師のみんなのポケットの中身は?

看護師の仕事を円滑に進める上で必要なアイテムがあります。 時間的制約、無駄な動きによるタイムロスや体力消耗を避けたい看護師は、いつでも使えるように身につけておきたいものがあります。 看護師がナースセンターに居る時は、基本・・・

新人看護職員研修ガイドラインの基礎知識

新人看護師の教育が、今と昔で全く異なっていることはご存知ですか? 昔の看護師の新人教育と言えば、見て覚えなさい、経験して覚えなさい、一回見学したら分かるでしょ、と言うような厳しい教えにより、自律して学習、経験を積み成長し・・・

新人看護師が押さえておきたい職業人としての基本マナー

新人看護職員研修の一環として、接遇研修やマナー講習はありましたか? 看護師は、人と関わり、人とお仕事をする職業です。よって、節度ある態度と、礼儀正しい対応が求められることが多々あります。 学生時代、上下関係、縦や横のつな・・・

新人看護師のセミナー・研修会への参加

新人看護師であれば、こんな看護師になりたい、あんな看護をしたいなど思い描く理想像があるはずです。自分の目指す看護師になる為の能力開発や関心事を追求するためには、研修や講義に参加し、積極的に学習の機会を設けなければなりませ・・・

新人看護師がレポートを上手に書くコツ

新人看護師に与えられる課題の一つとして、レポートがあります。 疾患について、解剖生理について、フィジカルアセスメントについて、看護観について、経験や実践の振り返りについて、看護展開や看護計画についてなど、多くのレポート提・・・

新人看護師の1日の目標の立て方

ドキドキ、ワクワク、不安と期待を心に抱き入職したあの頃、看護師になりたいと意気込んで夢を叶えた訳ですが、もうそろそろ職場環境に慣れ、仕事ってこんなものか、看護ってこうやって行うんだって分かって来たころではないでしょうか?・・・

新人看護師技術チェックリストの活用法

厚生労働省では、新人看護職員の臨床実践能力向上の為の施策として、「新人看護職員技術チェックリスト」や「新人看護職員研修到達目標」を掲げています。 質の高い看護職員を育成するために、また、新人看護職員が教育方法に関して悩み・・・

新人看護師時代に努力しておかないと後悔すること

これまで、看護学校で看護師として働き始めると、能力開発について専門職は怠ることなく、常に向上心を持ち専門性を高める努力をしなければならないと教育を受けてきました。 新人看護師として働き始め、集合研修、現場研修、院内外の多・・・

新人看護師が理解しておきたい医療現場のヒューマンエラー

医療現場のヒューマンエラーとは 人が起こす可能性のある失敗やミスのことです。人間は、完璧な存在ではありません。 行う一つ一つの行為に対して、失敗やミスが付き物です。しかし、医療現場では、起こしてはいけないミスや失敗が多く・・・

新人看護師の目標管理シートの書き方

新人看護師の皆さん、「あなたは何のために看護師になりましたか。」「どのような看護師になりたいですか。」と看護教育を受ける時から、耳が痛くなるほど言われてきたのではないでしょうか。 実際に看護師になれば、具体的にその理由、・・・

体調不良で早退したい時、どうすればいい?

どうしようもない身体の不調により、出勤したものの早退したい時があります。新人看護師ですと、体調が悪いのは分かっていても、休みを貰う事に遠慮して、不調の身体に鞭を打ち出勤してしまう事があります。 しかし、やはり体調不良の時・・・

このページの先頭へ