第二新卒看護師として「オペ室」へ転職!

手術室看護師のイメージは、忙しい、難しい、ミスが許されない、シビア、高度な技術を要求される、タイム的・体力的・精神的プレッシャーが強いなど、厳しい現場を創造する事が多いでしょう。

しかし、やっている看護職員を観ると、憧れる、やりがいがありそうなど前向きな意見が多いです。

では、手術室看護師の仕事と、その難しさ、身に付けられるスキルや資格、魅力についてまとめてみましょう。

オペ室で働く看護師の役割

手術室看護師の機械出し業務は、手術担当医師の器具を適切なタイミングで必要な物品を手渡す業務や器具類の滅菌状態を管理するなどの業務があります。

外回り業務は、手術中の患者管理を行い、手術全体の流れを把握する立場にあります。術前訪問による患者の不安や疑問の解消、術中体位交換や看護記録、術後申し送りなどを行います。患者のメンタルケアや周辺介助を行う事になります。

手術室の仕事で習得できるスキル・求められる能力

手術室看護師には、コミュニケーション能力が必須です。患者さんの不安を取り除く心のケアと、その不安を解消できる知識と説明能力を要します。また、患者さんとその関係者の話に傾聴し、思いに寄り添う気持ちと態度が必要です。

この他にも、病棟看護師と、手術に関わる医療スタッフとの情報共有や情報交換、申し送りなどの橋渡し役となることが多く、状況把握し、的確に適切な時期に報告できる把握能力とコミュニケーションスキルが重要です。伝達ミスによるインシデントやアクシデントを回避さなければなりません。

また、術前の処置やケアを把握し、病棟で適切に実施されているかの確認を行い、手術導入が円滑にいくよう計らう必要もあります。さらに、手術室看護師には臨機応変性や現場対応能力が必要で、術中の状況や流れを把握し、臨機応変に医師の指示や状況判断により対応していく力が必要です。

手術中は、予期せぬことが起こります。その状況に反応し、冷静に対応する力が重要です。このような状況から、タフな精神力と体力を要します。手術は緊迫感があり、長時間に及ぶこともあります。状況に適応する、ミスは許されないというプレッシャーへのメンタルと長時間に及ぶ手術対応への体力も必要です。

手術には、多くの器具や機材を用います。その名称や用途、手術後との必要物品なども把握しておくことも求められる能力です。

オペ室で働く看護師の待遇や手当

手術室看護師は、他の配属先より手当や待遇が良い場合があります。高度な技術と知識、他部署より危険度の高い現場であることが理由です。
待機手当、危険手当、手術立会手当、オンコール手当などが手当てに含まれることがあります。

手術の実践状況や病院規模により、かなり待遇差はありますが、手術室看護師の平均給与は、22万円~35万円程度と言われています。夜間呼び出しなどの対応に関しては、かなり多い手当てがつきます。

手術室勤務と言うだけで、肉体的、精神帝負担が強いのに、勤務外や待機などからの出勤では、スタッフの不満につながりかねない為、保証をしっかりさせている現場が多いです。

平均年収は、400万円~500万円程度と言われ、経験年数や勤務形態によりばらつきが生じます。

オペ室の仕事に興味がある新人看護師さんへ

新人看護師の興味のある肺臓先として手術室希望や施術室に興味のある職員は多く居るようです。しかし、自分に勤めるかどうかという不安により配属を希望しない新人看護師も多く居るようです。手術室看護師の現状を正しく理解してみましょう。

手術室看護師で習得できる資格

まず、手術看護認定看護師という資格があります。日本看護協会が認定する資格で、手術分野における専門性高い知識と技術を有する看護師で、術前から術後まで一貫して高水準の看護を提供できる看護師に付与されます。

看護師資格を有し、看護師としての実務5年、さらに手術室看護師として3年以上に経験ある看護師(機械出し実績、外回り実績)に受験資格があります。認定看護師教育課程を修了し、筆記試験に合格したうえ、認定証の交付により登録されます。

周手術期の患者のメンタルケアから術中の患者の直接的ケアまで手術の一切に関与するのが、手術室看護師です。

この他、心理カウンセラーの資格が取得できます。手術をする患者の精神面をケアし、不安や恐怖を軽減し手術に臨めるよう心のケアを行います。また、家族の不安や疑問、金銭的負担などの思いなどにも応え、安心して手術を見守ることが出来るよう関わります。

手術に関わる患者、家族のストレスに対応する能力を必要とする為、コミュニケーション能力を身につけるために所各取得する看護師もいます。

手術室で働くメリット・デメリット

手術室看護師は、器具関連の知識から、疾患、手術の流れなどの把握を強いられます。よって、病棟や外来では見に付けられることが出来ない知識の習得が出来る為、スキルアップにつながります。

単独の診療科に対応するのではなく、前科の手術に関与する病院が多く、内臓系、筋・骨格系、外科系など幅広い分野や疾患、治療知識が必要です。

また、手当が多くついたり、勤務時間面で安定した予測がつきやすい勤務環境があります。危険手当、オンコール手当、待機手当などがあり、病棟看護師より高給となること、手術時間は大体決まっており開始、終了時間に予測がつきやすいく安定した勤務時間となることが多く魅力的です。

手術室看護師のデメリットは、患者さんと心に向き合う時間が少なく、看護ケアや身辺介助などを経験する事が少ない状態にあります。術前訪問などもそう何回も行う事はなく、直接的に関わること、有意識下で関われる時間が少ないです。

また、オンコールや待機では、「いつ連絡が来るかもしれない」と感じながらの時間経過があり、精神的に負担と感じる職員もいます。

サブコンテンツ
一度でも転職を考えたことがある新人看護師さんへ

  • 今の職場に不満がある
  • 将来やりたい看護がある
  • 新人としてのスタートに失敗したのでやり直したい

こういった現状で転職の可能性が少しでもあるなら、早めの行動を起こすことが大切です!

そこで今すぐ活用できるのが『看護師専門の求人サイト』です。

実績上位の2~3サイトに無料登録しておけば、全国の求人のほぼすべてを見ることが出来ます。

そして、いざ応募する段階になったら、アドバイザーによる採用率アップのためのサポートを受けることができます。

今すぐの転職ではなくても、まずここで情報収集をスタートさせておくと、後々の仕事探しが断然スムーズになります!

看護師専門求人サイトの登録・利用はすべて無料です。

経験が浅い新人看護師でも有利に仕事探しを進めていくことができるので、どんどん活用していきましょう!

↓おすすめの登録先はこちら↓

【2019年版】
看護師専門求人サイトランキング

※最新の「紹介実績・口コミ評価・サポート充実度」を総合したランキングです。

  1. マイナビ看護師

    利用者満足度96%以上を毎年キープしている人気No.1の定番求人サイト。

    定着率の高い求人が厳選されているので、第二新卒看護師でも安心!求人のバリエーションも豊富なので、「病院以外の職場」にチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

  2. ナースではたらこ

    膨大な求人保有数が強みの求人サイト。常勤と非常勤のどちらの求人もバランス良く揃っているので、働き方の選択肢を増やしたい方におすすめです。

  3. 看護のお仕事

    親身なサポートが評価されている求人サイト。あせらずにじっくり転職活動を進めて行きたい方におすすめです。

このページの先頭へ