外科勤務と内科勤務を徹底比較!

内科と外科は対象的な職業です。外科のようなきびきびとした動きの激しい仕事がしたい新人看護師、ゆったりと仕事がしたい内科向きの看護師等、働きたい職場雰囲気で就職先や転職先を選択する事でしょう。

しかし、その現場の実態を知らず、なんとなく就職してしまうと「リアリティショック」という新人看護師が抱える理想と現実に押しつぶされ仕事が続かないという結果になります。

また、したい仕事と勤まる仕事は異なります。こんなことがしたいと思っていても、就いてみれば苦難と苦悩の連続で退職ということもあります。
大きく大別すると、「内科」「外科」に分類される看護の現場で、どちらに自分があるかを十分に考えて就職や転職を考えて後悔ない看護師生活を手に入れましょう。

外科の看護師

外科と言えば、一般外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科など、脳腫瘍や脳血管障害の手術を伴う治療、内臓系疾患の手術、運動器系の治療や手術を行う事が一般的です。救急や緊急な状態変化を認める忙しく、慌ただしいイメージが多いでしょう。

手術を主の治療とし、その前後のケアを行い万全な状態で手術を受け、その回復により転科、転院、退院という経過を辿るのが外科診療です。

外科で働くメリット

・外科看護師は、周手術期から状態安定までの病態や疾患の治癒過程を観察、看護でき、患者さんをトータル的に把握する事が出来る
・医療や看護のスキル、知識を総合的に習得する事が出来る
・手術全般に対応する病棟が多く、多くの疾患や病態を経験する事が出来る
・病院によっては、外科看護師が手術看護師を兼務する事があり、手術に関してのスキルを身に付けられる
・術後ケアやバイタルサイン、看護ケアを行い、観察力や判断力を習得できる
・創処置、周手術期、救急、外科看護など多くの経験による資格取得が出来る
・患者の劇的な回復による喜びとやりがいがある

外科で働くデメリット

・手術や治療により急速に変化する患者さんの状態についていかなければならない
・周手術期の患者さんとの関わりとなることが多く、コミュニケーションや関わりを十分に行う事が出来ず転科や退院となる、患者の入れ替わりが激しい
・十分な時間を取って患者さんと関われない、患者さんに覚えられずに関わりが終了する事がある
・多くの経験項目や学習内容があり、一人前になるのに時間がかかる

内科の看護師

内科は大きく分類して「内科」と称し、一般内科、総合診療科、呼吸器内科、循環器内科、腎臓内科、神経内科、消化器内科、血液内科などの細分化された専門分野がありません。

その中でも、総合診療科は、どの分野で診療や治療を受ければよいかわからない患者さんが、症状や状態を訴えて基本的な検査や診察を受けて特定疾患や診療を受けるべき診療科を特定するために受診する診療科です。

一般的な内科では、風邪やインフルエンザ、食中毒や感染症、高血圧症、高脂血症、糖尿病、禁煙外来、肝臓疾患、腎臓疾患など生活習慣病を扱う事の多い診療科です。

内科で働くメリット

・患者さんと会話や直接接する事で治療やケアを行う事が多く、看護師として必要な医療知識と医療行為(注射や採血、検査など)、コミュニケーションスキルを身につけることが出来る
・患者さんや家族の方と接する事が多く、人と人とのつながりを感じながら仕事でき、やりがいを感じられる、じっくり向き合える
・観察視点が身に付き、患者さんのちょっとした変化や状態を言動や行動などから受け取ることが出来る
・外科から転化してきた患者さんは、良く話を聞いてくれ、ゆとりある関わりをする内科看護師に心を開くことが多い
・仕事自体が急変や変更が少なく、業務をスケジュール通りこなすことが出来る、残業や二越される仕事が少ない
・経験できる看護、医療行為が多く、実戦力高い看護師に育つことが出来る

内科で働くメリット

・複雑な慰労行為が少なく、手術や処置などの能力は身につきにくい
・患者さんの回復を目の当たりにすることが少なく、経過観察や病状安定が目標となり、これをやったから回復したという看護から見える結果を把握しにくい
・長期化する治療に患者さん自体の気持ちが落ち込んでいることが多い

自分はどちらの科に向いている?

内科勤務に向いている看護師

患者さんや家族とじっくりかかわり、寄り添う事がしたい看護師にお勧めなのが内科看護師です。時に、上手く治療が進まない、劇的な改善が無いと落ち込む患者さんの心の支えとなったり、その怒りの矛先が看護師になることもある為、気持ちを受けとめ、辛い言動を受けとめなければならないこともあります。

どこまでも、患者さんの思いに付き合える人材が内科看護師看護師に向いています。そして、自己管理や指導による家族管理が出来るよう、たくさんのセルフケア知識を有し、教育指導をしたい看護師の姿勢が必要とされます。

外科勤務に向いている看護師

テキパキと、病棟の雰囲気や患者さんの変化をキャッチできる、その状況に適応できる看護師が向いていると言われています。その緊迫感をストレスに感じず、やりがいと感じられる看護師が適任です。

変化に怯まず、立ち向かっていけるメンタルの強い看護師が外科向きです。短い期間の患者さんとの関わりでも、十分な対応や関わろうとする気持ちえ接し、忙しい業務の中で、回復や治癒を共に喜べる心のゆとりある看護師との関わりを外科に入院する患者は求めています。

どちらが楽で、どちらが大変と言う事はありません。自分がどの雰囲気、その特徴の医療を経験したいかという思いが選択に必要な要素です。

サブコンテンツ
一度でも転職を考えたことがある新人看護師さんへ

  • 今の職場に不満がある
  • 将来やりたい看護がある
  • 新人としてのスタートに失敗したのでやり直したい

こういった現状で転職の可能性が少しでもあるなら、早めの行動を起こすことが大切です!

そこで今すぐ活用できるのが『看護師専門の求人サイト』です。

実績上位の2~3サイトに無料登録しておけば、全国の求人のほぼすべてを見ることが出来ます。

そして、いざ応募する段階になったら、アドバイザーによる採用率アップのためのサポートを受けることができます。

今すぐの転職ではなくても、まずここで情報収集をスタートさせておくと、後々の仕事探しが断然スムーズになります!

看護師専門求人サイトの登録・利用はすべて無料です。

経験が浅い新人看護師でも有利に仕事探しを進めていくことができるので、どんどん活用していきましょう!

↓おすすめの登録先はこちら↓

【2019年版】
看護師専門求人サイトランキング

※最新の「紹介実績・口コミ評価・サポート充実度」を総合したランキングです。

  1. マイナビ看護師

    利用者満足度96%以上を毎年キープしている人気No.1の定番求人サイト。

    定着率の高い求人が厳選されているので、第二新卒看護師でも安心!求人のバリエーションも豊富なので、「病院以外の職場」にチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

  2. ナースではたらこ

    膨大な求人保有数が強みの求人サイト。常勤と非常勤のどちらの求人もバランス良く揃っているので、働き方の選択肢を増やしたい方におすすめです。

  3. 看護のお仕事

    親身なサポートが評価されている求人サイト。あせらずにじっくり転職活動を進めて行きたい方におすすめです。

このページの先頭へ