第二新卒看護師として「回復期リハビリテーション病棟」へ転職!

回復期リハビリテーション病棟について関心のある新人看護師の方は、人の機能回復や健康増進に興味のある方でしょう。

一般的にはリハビリテーションとはリハビリテーション専門の理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などの専門スタッフが行うものというイメージがあります。しかし、この病棟における看護師にしかできない仕事もたくさんあります。

回復期リハビリテーション病棟に転職を考える新人看護師さんへ、この職場がどのようなものかを解説していきたいと思います。

回復期リハビリテーション病棟とは

そもそも回復期リハビリテーション病棟とは、2000年に開設された新たな病棟です。脳血管障害、運動器疾患、心臓疾患などにより後遺症や機能障害を来たしている患者さんをリハビリテーションにより機能回復を図り、日常生活、社会生活へ戻ることが出来るよう支援する病棟です。

疾患や治療により長期安静や寝た切る状態になった患者さんも含め、家庭へ戻ることを目標にし、集中的に専門的にリハビリテーションを実践します。

医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの専門的知識や技術を駆使して、その患者さん一人の計画書を立ち上げ、実生活に結び付くリハビリテーションを行います。時に、機能回復ではなく、生活していく為の方策を考えていくという生活リハビリを主とすることもあります。

回復期リハビリテーション病棟での看護師の役割

日常生活支援と援助方法の考慮

在宅復帰を目指す病棟という事を知っておかなければなりません。よって、看護師の過度なケアや支援を行う事が時に社会復帰、家庭復帰の妨げとなることを念頭に仕事をしなければなりません。

集中したリハビリテーションにより障害や機能低下を最大限回復され、日常生活行動や生活の質を高めたれる支援を求められます。看護師に求められる仕事は、患者さんの日常生活をいかに安全に送れるかという事と、今残っている機能を活用し残存機能の維持回復に加担する事です。

また、病院で行う治療やケアが、日常生活で同様に行えると言う事はありません。自宅で出来る日常生活動作を意識して、どのようにすれば過程で困らず障害を抱えながら生活出来るかを考えていくことも看護師に求められる仕事です。

他部署との連携

障害を抱えて生活するには、リハビリテーションを行う専門士が必要です。そして、地域に帰る為に、必要な支援やサポートを受けられるように助言や支援を行う専門士との関わりが必要です。時に、住宅改修や行政の支援、社会福祉サービスの活用などを指導、教える専門士の存在もあります。

回復期リハビリテーション病棟では、あらゆる職種が一人の患者さんに関与し、社会復帰を目指します。看護師の仕事として、各種専門職との連携や連絡、調整を図り、不安を軽減して安心した社会復帰が出来る調整役としての機能も求められます。

状態観察による変調判断

リハビリを行うには、健康管理が必要です。健康的に、安全にリハビリを行い、機能回復を図るのが看護師として求められる仕事です。バイタルサインの観察、症状や障害の程度などを観察し、リハビリが行える身体状況かを判断するのが看護師の役目です。

そして、無理をさせず、リハビリが身体を脅かす要因とならないようリハビリ担当者に助言する事も必要です。そして、日常生活動作や排泄、食事、清潔等に関する支援状況や自分で出来ること、介助が必要なことにも着目し、出来るようになったことや出来そうなことを理解しておく事も必要です。過度なサポートにより機能回復の妨げとならないよう観察を行う必要があります。

また、患者さんの精神面にも注意を払います。障害や後遺症を受け入れる状態が整っていない患者さんもいますし、回復を実感できずにやる気が低下してしまう患者さんもいます。その一人一人の思いに寄り添い、支えになることも看護師の役割です。

時に、急変や状態変化を確認する事があります。急変時の対応も、医療職者・看護職者として求められます。

回復期リハビリテーション病棟の仕事のやりがい

回復期リハビリテーション病棟の看護師のやりがいは、なんといっても患者さんの機能回復や退院をともに喜ぶことが出来ることです。回復期リハビリテーション病棟に入院する患者さんは、機能回復がしたい、社会復帰がしたいとやる気を持って入院を希望される患者さんが多く、リハビリテーションに対する意欲はとても強いです。

積極的にリハビリテーションを行い、喜び、笑顔や頑張る姿勢に看護師が勇気づけられることもあります。

また、急性期病棟とは異なり、患者さんのペースに合わせて意向に沿ったかかわりが出来る、会話や対話が出来ると言う事です。急性期病棟では、忙しく患者さんに真に向き合う時間を取れないことがあったり、患者さんの身体状況から向き合ったり、対話することが出来ない場合があります。

回復期リハビリ病棟では、患者さんの機能回復の為にどうすればよいか共に考え実践していくことも必要で、患者さんと関わる、コミュニケーションを図ることが大切となります。人と人との関わりを感じられる楽しみとやりがいがあります。

リハビリテーションに対して、効果を感じず落ち込む患者さんの心の支えとなれる場面もあり、看護師として関わることで患者さんが再びやる気と前向きな姿勢を取り戻せた時、看護の力や自分の関わりに達成感を感じられます。

仕事の大変さとそこから得られること

回復期リハビリテーション病棟では、患者さんの日常生活支援が主な仕事となります。食事ケア、排泄ケア、清潔ケア、移動ケア、どれ一つとっても肉体的に重労働となります。そして、安全に関する対策やケアも重要となります。看護度の高い患者さんの看護が大変と感じる新人看護師も多くいます。

しかし、一人一人違う援助項目や方法を経験し、個別性溢れる看護を考えられる看護師と成長出来ることが見込めます。基本的看護技術の習得と、臨機応変の対応力を習得できます。そして、リハビリにより機能回復している患者さんは、始め重度のケアを必要としていた人も、回復により支援内容が軽減するという喜びを実感できることがあります。

なかには夜勤のナースコール対応が大変という新人看護師もいます。安全の為に、夜間トイレに行きたい時や移動したい時、食事をしたい時など、ナースコールの指導を行います。患者さん自身、ナースコールする事に申し訳なさを感じていることがあり、夜間分かっていてもナースコールをしない患者さんもいます。それが原因で転倒や転落という事故に繋がることもあります。よって、ナースコール対応への大変さと、患者教育の大変さを実感する事があります。

しかし、患者さんの安全確保は、回復と社会復帰に大きく関与します。危険回避の方法や観点を習得し、医療安全に関する知識を危険予知能力を養う事が出来ます。また、夜間の患者さんの状態は夜勤をしなければ分かりません。患者さんを全人的にトータル的に知ることは、看護情報として多くの収穫があります。夜間の行動や動作が日中の状況やリハビリに関与する情報となることもあります。

患者さんに一日を通してケアを行う、患者さんの一日を知るという点に置いて、夜勤で看護、支援をすることはプラスになります。

回復期リハビリテーション病棟で働く看護師の関連資格

脳血管障害や運動器の疾患、後遺症を抱える患者さんに対して活用できる資格を習得出来れば、看護師としてのスキルアップを図れるでしょう。

・脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
・摂食、嚥下障害看護認定看護師
・回復期リハビリテーション看護師認定コース
・ケアマネージャー
・認知症ケア専門士
・認知症ケア認定看護師

回復期リハビリテーションで活用できる専門資格や認定資格は多くあります。リハビリに関わる資格以外にも、在宅復帰を目指す支援が必要な患者さんに対して介護関連資格が役立つことがあります。また時代背景により認知症を患い機能回復や在宅復帰を目指す患者さんに対して適切な対応が出来るよう認知症ケア関連資格の取得も役立ちます。

サブコンテンツ
一度でも転職を考えたことがある新人看護師さんへ

  • 今の職場に不満がある
  • 将来やりたい看護がある
  • 新人としてのスタートに失敗したのでやり直したい

こういった現状で転職の可能性が少しでもあるなら、早めの行動を起こすことが大切です!

そこで今すぐ活用できるのが『看護師専門の求人サイト』です。

実績上位の2~3サイトに無料登録しておけば、全国の求人のほぼすべてを見ることが出来ます。

そして、いざ応募する段階になったら、アドバイザーによる採用率アップのためのサポートを受けることができます。

今すぐの転職ではなくても、まずここで情報収集をスタートさせておくと、後々の仕事探しが断然スムーズになります!

看護師専門求人サイトの登録・利用はすべて無料です。

経験が浅い新人看護師でも有利に仕事探しを進めていくことができるので、どんどん活用していきましょう!

↓おすすめの登録先はこちら↓

【2019年版】
看護師専門求人サイトランキング

※最新の「紹介実績・口コミ評価・サポート充実度」を総合したランキングです。

  1. マイナビ看護師

    利用者満足度96%以上を毎年キープしている人気No.1の定番求人サイト。

    定着率の高い求人が厳選されているので、第二新卒看護師でも安心!求人のバリエーションも豊富なので、「病院以外の職場」にチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

  2. ナースではたらこ

    膨大な求人保有数が強みの求人サイト。常勤と非常勤のどちらの求人もバランス良く揃っているので、働き方の選択肢を増やしたい方におすすめです。

  3. 看護のお仕事

    親身なサポートが評価されている求人サイト。あせらずにじっくり転職活動を進めて行きたい方におすすめです。

このページの先頭へ