新人看護師のサポート体制がしっかりしている職場の特徴

看護学生時代、多くの夢と希望を抱いて就職先の選定を行ってことと思います。こんな職場で、こんな仕事を、こんな同僚や職員と、何を目指して働きたいなど、思いは膨らむ一方だったことでしょう。

明るい未来を創造しながら、就職試験を受け、内定をもらい、いざ入職!!

もちろん、採用試験の募集要項や病院パンフレットは、良い人材を求めるために多くの良いところアピールをしています。

新人看護師が、入職先に求める要件としては、新人教育がしっかりして、一人前の看護師になることが出来る、興味のある分野を極めることが出来る継続教育のある環境です。また、福利厚生や待遇に関しても、新人看護師の関心事ではないでしょうか。

新人看護師のサポート体制の充実した職場について理解し、自分の求める環境への就職・転職を目指しましょう。また、万一自分の期待にそぐわない職場に就いてしまった際の対処法を知っておきましょう。

新人看護師や経験の浅い看護師にとって良い職場とは?

教育体制や研修制度、研修や資格取得支援が充実している

新人看護師は、学校での初期教育は行われているものの、現場や実戦とは似て異なる場合が多く、入職時あまりこれまでの学習が活かせられない現状があります。

そのような、教育を受けなければならない新人職員である為、教育体制の充実は必須です。

また、実践教育のみでは配属先の医療や看護の習得に留まり、全体的な看護師としての成長は見込めません。看護職員は、精神面や倫理観、看護研究などの実戦以外の分野の成長を求められます。

よって、院内外の研修に参加し、あらゆる分野の知識、技術の取得を目指す必要があります。よって、院内研修を頻繁に行っている、院外研修への参加を促している、また、院外研修費や旅費などの支援体制を整えている職場が、自己のレベルアップに良い環境と言えます。

プリセプター制度と教育担当者との連携がうまくいっている

プリセプターや自分を教えくれる担当者との相性や、その教育側の新人看護師を育てようとする心意気が熱いことが新人看護師にとって良い職場、成長し易い職場と言えます。

自分と教育者との関係、教育者は一人ではありませんから、自分と関わる教育者たちの連携や教育に対する方向性、考え方などが統一されている現場では、新人看護師が看護教育を受けやすい職場と言えます。

配属先の人間関係や他の医療スタッフとの人間関係が良い

配属先の人間関係に悩まされ、退職を考えたり、転職を考える新人看護師は多くいます。

派閥のある職場、いじめのある職場、上司や先輩の上下関係の上手く言っていない職場では、雰囲気が悪く、出勤したくないという気持ちになるでしょう。職員全員が、明るく溌剌と働いている職場の方が、前向きに楽しく仕事が出来る職場です。

また、医療の職場は、看護師以外の専門職が多く働いています。これらの連絡、調整が上手く行き、コミュニケーションが上手くいっている職場では、看護以外の知識の充足をはかれ、看護と関連付けて臨床自薦出来ることが出来、自己の能力向上を見込める職場と言えます。

休暇が取得でき、休養をしっかりととれる

新人看護師は、初めての就職、慣れない職場環境や人間関係、仕事というプレッシャーや働いている責任感、仕事を覚える重圧、不規則勤務への適応など多くのストレスを抱えることとなります。

このストレスや苦痛、疲れを癒し、仕事に慣れて続けるには、十分な休息や休暇がとれる職場環境であることが求められます。

過重労働、ストレスフルな状況で、うつ病やパニック障害などの精神疾患により、看護職を離脱する新人看護師が多く居ると言う現状もあります。

医療の安全管理やマニュアルがしっかりと確立されている

新人看護師の初めは、マニュアルや対処法を理解する事から始まります。業務の流れや、遵守事項、実践方法などをきちんとまとめられていなければ、統一した看護を実践することが出来ません。

患者さんへは、誰が対応しても同じレベルの快適な看護を提供される必要があります。よって、最低限守るべき対応方法やマニュアルが作成されている職場でないと、質の高い看護を習得する事が難しいと言えます。

また、医療安全の徹底は、患者さんを気管から守り、職員である自分自身の身を守ることに繋がります。医療安全の考え方と対応、目標などを設定されている職場では、安心して働くことが出来る環境であると言えます。

新人看護師にとって良くない職場の特徴

教育体制を確立していない職場

院外研修はおろか、院内研修もあまり行わない職場があります。新人看護師の教育は、その日の出勤看護師が日替わりで行い、「見て覚えなさい」「やってみて覚えなさい」との旧式の教育方法を実践している職場もあります。

このような職場では、近頃言われている質の高い看護師、専門性高い看護師への成長は難しいでしょう。日々の仕事をこなせるだけの看護師となり、知識、技術、態度などの充実を図ることができません。

教育支援を行わない

院内外の研修へ参加したい看護師への教育支援や、専門看護師・認定看護師・その他看護師認定資格の取得支援については、どのように考えているかが重要です。

専門性溢れる看護師を育成したい、教育に前向きな職場では、研修参加の推奨や、研修参加日を出勤扱いにしたり、研修費や研修旅費の助成を行う職場が多くあります。

しかし、このような支援サポートを持たない職場では、自己能力開発は自己責任と言うこととなり、自己負担の下の研修参加や、自分の休日を研修に当てることとなり、休養やストレス発散などの自己のケアを行う事が出来ず、仕事へのモチベーションすら失う結果となります。

有休取得率が低い、休暇制度が充実していない職場

身体的にも、精神的にも疲れを溜めやすい看護と言う仕事を健康的に楽しく続けるためには、多少なりとも休暇や休日をとり、リフレッシュが出来る環境であることが求められます。

しかし、休日や休暇制度が少なく、また、自分の休日には委員会や病棟・チーム会、残務などを行わなければならない職場では、疲労とストレスをため、仕事に行ける体力と気力を維持できなくなることがあります。

良くない職場に就いてしまった時の対処法

看護師が一人前になるには、3年に期間を要すると言われています。石の上にも三年と言う言葉がありますが、それは、看護師においては教育体制が整い、遣り甲斐ある職場に勤められていることを必須の要件とします。

しかし、必ずしも良い職場に就職できるというわけではなく、実際に勤めにくい職場であったり、自分には向いていない職場に就職してしまった場合は、新たな職場で心機一転看護教育を受けると言う選択肢もあります。

あまりにも向いていない、人間関係が悪い、教育支援が無い、馴染める環境にない、いじめがある、医療体制や安全管理が整わない職場では、早期に退職し、自分の目座明日看護師像を実現できる職場への転職を考えましょう。

良くない環境にいつまでも身を寄せていては、自分自身がそのカラーに染まり、良くない看護師に成長してしまう恐れもあります。

専門性高い、質の高い看護師になりたいとの思いがあれば、そういった看護師になれる職場探しをしましょう。

サブコンテンツ
一度でも転職を考えたことがある新人看護師さんへ

  • 今の職場に不満がある
  • 将来やりたい看護がある
  • 新人としてのスタートに失敗したのでやり直したい

こういった現状で転職の可能性が少しでもあるなら、早めの行動を起こすことが大切です!

そこで今すぐ活用できるのが『看護師専門の求人サイト』です。

実績上位の2~3サイトに無料登録しておけば、全国の求人のほぼすべてを見ることが出来ます。

そして、いざ応募する段階になったら、アドバイザーによる採用率アップのためのサポートを受けることができます。

今すぐの転職ではなくても、まずここで情報収集をスタートさせておくと、後々の仕事探しが断然スムーズになります!

看護師専門求人サイトの登録・利用はすべて無料です。

経験が浅い新人看護師でも有利に仕事探しを進めていくことができるので、どんどん活用していきましょう!

↓おすすめの登録先はこちら↓

【2019年版】
看護師専門求人サイトランキング

※最新の「紹介実績・口コミ評価・サポート充実度」を総合したランキングです。

  1. マイナビ看護師

    利用者満足度96%以上を毎年キープしている人気No.1の定番求人サイト。

    定着率の高い求人が厳選されているので、第二新卒看護師でも安心!求人のバリエーションも豊富なので、「病院以外の職場」にチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

  2. ナースではたらこ

    膨大な求人保有数が強みの求人サイト。常勤と非常勤のどちらの求人もバランス良く揃っているので、働き方の選択肢を増やしたい方におすすめです。

  3. 看護のお仕事

    親身なサポートが評価されている求人サイト。あせらずにじっくり転職活動を進めて行きたい方におすすめです。

このページの先頭へ