新人看護師のストレス要因と対処法

ストレスについて考えたことがありますか?ストレスは、自分が身にしみて感じるストレスと、知らず知らずの内に蓄積してしまうストレスがあります。

新人看護師は、慣れない仕事や職場環境などに多くのストレスを抱えていると言われています。それを、上手く発散できる新人看護師と溜めこんでしまう新人看護師で、仕事への適応や早期退職を辿ってしまうなど仕事の継続にすら影響を及ぼします。

新人看護師の抱えやすいストレスを理解し、自分だけではないと知っておくことで心強さを感じられることもあります。そして、そのストレスの対処法についても理解しましょう。

新人看護師のストレス要因ベスト5

1位:精神的ストレス

新人看護職員の多くは、自分の思い描いていた医療や看護への思いや期待と、実際の現場との理想と現実のギャップにショックを感じていることが多くあります。

「リアリティ・ショック」ともいい、「こんなはずではなかった」「なんで」「実習やこれまでの経験と違う」と矛盾や困惑を感じてしまう事があります。

この他にも、患者さんとの関わりや看護職員や他の医療関係者との関わりについて難しさを感じ、コミュニケーションや対応が出来ず、精神的ストレスをためてしまう事があります。

そして、仕事を覚える上で失敗やミスをすることがあります。「出来ない」「向いていない」「自信が無い」「また失敗した、また怒られた」と感じることが精神的ストレスになることがあります。

2位:自己の能力不足、経験不足

新人看護師は、看護基礎教育を行われ入職しますが、実際の医療現場で適応される技術や知識はそう多くはりません。現場では、臨機応変に応用が活用されることが多く、基礎が実戦で力になると言う事は少ないでしょう。

「学校で習ったことと違う」「そんなこと教わらなかった」ということが原因で、自信を失ってしまう事があります。

また、仕事を行う上で、優先順位が分からなかったり、上手く時間配分が出来なかったりして出来ない、向いていないとストレスを感じる場合があります。

経験の不足や経験の未熟さからストレス、自己評価の低下につながる場合があります。

初めはみんな同じです。先輩看護師も、上司も初めはできなかったのです。

出来なくて当然、「これから出来るようになる」「出来るようになりたい」と言う気持ちさえあれば、知識不足や経験不足を埋めることはできます。

3位:人間関係

職場の人間関係に悩む新人看護師は多くいます。

高圧的な上司や先輩、技術や知識を競い合おうとしてきたり、自分を蹴落とそうとしてくる同僚、自分や他のスタッフの陰口や悪口を言う先輩や同僚、病棟内のいじめや嫌がらせなど…

女性の多い職場ですから派閥や敵対など見苦しい人間関係を有する職場もあります。

そのことにより、連携や連絡が上手くいかない現場もあります。この他、医師の看護師に対する見下しや高圧的態度、他の専門職との不具合により連携が図れないやりがいを感じられない職場には、新人看護師も多くのストレスを感じています。

4位:休暇や休みが無い、過酷勤務の日々が続いている(肉体的ストレス)

看護師の仕事は、肉体労働です。

休暇や休日の体制が整わない人材不足の職場、もともと休暇制度を設けない福利厚生の良くない職場、残務や残業の多い職場により、疲労やストレスを発散できない、発散しにくい職場は新人看護師にとって多くの苦痛をもたらします。

また、この勤務が延々と続くと考えると、とんでもない、続けられないと感じる新人看護師も多くいます。

休暇や休日は、自己の健康維持、回復、仕事へのモチベーション維持のためにも重要です。しかし、このような労働環境は、自分が何を工夫しても、頑張っても改められることは期待できないでしょう。

よって、早めに見切りをつけて、働きやすい環境への転職を考慮する事も必要となります。健康第一で仕事が出来るのが看護のお仕事です。自分の健康を害する前の対応が必要です。

5位:プリセプターとの不具合

なにより、新人看護師は教えてもらわなければ動けない、働けない、分からないと言うのが特徴です。多くの病院で導入されている教育方法がプリセプターシップ制です。

一人の新人看護師に一人の教育担当看護師がつき、教育支援を行う方法です。プリセプターは、また周囲の中堅看護師や教育支援担当者の助言を受けながら新人教育を行います。

しかし、双方にも性格があり、その合う、合わないという事があります。また、プリセプターの教育方法のあり方や、それを受ける新人看護師側の教育の受けとめ方により衝突や不具合、「教え方がきつい」「辛い」と感じる場合があります。

そして、教える側のモチベーションの高さや低さが、教育に与える影響もあります。

よって、プリセプターシップ制が上手く言っていない場合に新人看護師は、ストレスを感じ、上下関係において、「何も言えない」「抵抗できない」と言う状況から、鬱傾向になったり、退職を感がえるようになります。

新人看護師のストレス対処法

まず、信頼できる上司や先輩に相談することが大切です。自分のストレスや悩みに関して、もしかしたら、上司や先輩も同様のことを乗り越えて今があるかもしれません。

そんな時の上手い乗り越え方を聞くことが出来ると、おのずとその壁を乗り越えることが出来ます。また、同僚や同期に相談出来れば、同じ時期の同様の問題を抱えていることが多いため、思いを共有し、心強い味方になることがあります。

そして、医療に関係ない信頼できる人へ話すことも有効です。ただ、話をする、聞いて貰うだけでも疲れた気持ちを流すことが出来ます。対処法などを聞けなくても、心強い存在が少しでもいたら、困難なことにも立ち向う勇気が出ます。

そして、好きなことをして余暇を過ごしたり、好きな物を食べる、出かける、ドライブするなど、思い思いのことをする時間を作りましょう。

それをする時には、必ず、仕事のことを考えないと言う条件で行う事が大切です。いつもいつも、看護師である必要はありません。一人の女性に戻り、自分の時間を自分の為に使う事で英気を養う事もストレス発散には大切です。

サブコンテンツ
一度でも転職を考えたことがある新人看護師さんへ

  • 今の職場に不満がある
  • 将来やりたい看護がある
  • 新人としてのスタートに失敗したのでやり直したい

こういった現状で転職の可能性が少しでもあるなら、早めの行動を起こすことが大切です!

そこで今すぐ活用できるのが『看護師専門の求人サイト』です。

実績上位の2~3サイトに無料登録しておけば、全国の求人のほぼすべてを見ることが出来ます。

そして、いざ応募する段階になったら、アドバイザーによる採用率アップのためのサポートを受けることができます。

今すぐの転職ではなくても、まずここで情報収集をスタートさせておくと、後々の仕事探しが断然スムーズになります!

看護師専門求人サイトの登録・利用はすべて無料です。

経験が浅い新人看護師でも有利に仕事探しを進めていくことができるので、どんどん活用していきましょう!

↓おすすめの登録先はこちら↓

【2019年版】
看護師専門求人サイトランキング

※最新の「紹介実績・口コミ評価・サポート充実度」を総合したランキングです。

  1. マイナビ看護師

    利用者満足度96%以上を毎年キープしている人気No.1の定番求人サイト。

    定着率の高い求人が厳選されているので、第二新卒看護師でも安心!求人のバリエーションも豊富なので、「病院以外の職場」にチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

  2. ナースではたらこ

    膨大な求人保有数が強みの求人サイト。常勤と非常勤のどちらの求人もバランス良く揃っているので、働き方の選択肢を増やしたい方におすすめです。

  3. 看護のお仕事

    親身なサポートが評価されている求人サイト。あせらずにじっくり転職活動を進めて行きたい方におすすめです。

このページの先頭へ