毎日怒られてばかり…そんなときに見直したいポイント

「もういや」「また叱られた」「能力が無いのか」「向いていないのか」そんな声が聞こえてくる時期がやってきました。

新人看護師の悩みです。

入職して数カ月がたつと、自分で行える看護業務や医療技術が増えてきます。一人で行うには、指導を受けながらチェックを受け、出来ると判断された時に一つ一つの行為が、一人立ちすることを許可されます。

しかし、許可されたところでミスなく実践出来るかどうかは別問題です。

先輩の前では行えていたのに、なぜか一人で行うとなると緊張やパニックにより実践できない、冷静な判断が出来ずに失敗する事があります。

そして、指導を受け、叱られ、「なんで自分はできないのか」と自分に嫌気がさすようになります。

ここで腐らず、前向きに先進出来れば一人前の看護師への一歩を踏み出せます。しかし、ここで躓いて必要以上に自分を責めてしまうと早期退職や精神的なダメージにより仕事が困難となります。

新人看護師が怒られるのは当たり前

新人看護師は出来ないことが多いと言う事は、現場の職員は当然のことと考えています。自分たちの指導により、成長させなければならないと言う使命を感じています。

安全に、安楽に、質の高い看護が実践できる看護師への成長を考え、新人教育を行います。叱ると言う事は、人の嫌がることです。

誰しも人には嫌われたくないので、新人看護師を叱って「嫌な先輩」にはなりたくありません。しかし、あなたの成長を見たいから時にきつく叱らなければなりません。

怒られるのは伸びしろがあるから

先輩は、新人看護師に期待して怒ってくれています。誰でもですが、打っても響かない鐘は鳴らそうと思いません。

指導をして、一人前に看護師になれる、一人前の看護師になって貰いたいと言う期待があるから新人看護師を指導します。怒られることは、まだ自分に伸びしろがあると言う事です。

先輩看護師は希望を込めて叱っている

新人看護師にこうなってほしい、個々が見れるようになってほしい、この技術を習得して欲しいという目標や目的を持って、先輩看護師は指導します。その思いになかなかうまく沿う事が出来ず、失敗したりミスをして叱られることがあります。

この段階では、この技術や知識を習得できると言う見通しのもとプログラムされている事もあり、到達目標もあります。希望や期待があるから、少しプレッシャーを新人看護師に与えます。

危険を感じたら本気で怒られる

本当に危険と感じた時は、真剣に叱ります。看護師は、患者さんにとって被害を与えたり、危険を与える存在になってはいけません。時に、アセスメント不足や甘い見通し・考えにより危険回避が出来ない新人看護師がいます。

その為にヒヤリハットや医療事故の原因ともなる行為を発見したら、先輩看護師は真剣に注意します。

成長とともに怒られる回数が増える

指導や教育の甲斐あって新人看護師は成長します。自信が出来てきて、なんとなく看護師と言えるようになります。それが引き金で、気持ちが緩むことがあります。気持ちの緩みはミスを引き起こします。気を引き締めるために、先輩看護師はあえて注意を促す事があります。

また、成長してくると次々と技術や知識の指導業務の幅が広がります。自ずと出来る業務、指導を受ける必要がある業務が増え、叱られる回数が増えます。

新人看護師は怒られる経験を乗り越えて成長する

「また怒られた」と感じることは止めましょう。「また気付くことが出来た」「ここを見るべきだったのか」と前向きにとらえましょう。

新人看護師は経験が浅く、先輩に様に幅広く多くの情報を処理する事ができません。今は、その能力を高めている最中とも言えます。よって、出来る人に注意されることは当然です。そのレベルに到達できるように指導を受けている存在なのです。

叱られる回数が多いほど、成長できると捉えてください。

ミスを注意されないことは、もう成長が止まったと同然です。注意されて気づくことが多く、同じ叱りは受けたくない為、二度の同じ失敗はしないと思う事が出来るでしょう。

よって、叱られることで分かる事も多く、逆にこの時期何も言ってもらえない新人看護師は、本当にこれで良いのか、あっているのかもわからず日々を送ることとなり、平穏な新人時代かもしれませんが、本当の知識や技術が備わっているのかは別という事実を理解してください。

そうは言われても、叱られることはストレスです。自分に合ったストレス発散法やストレス解消に努め、楽しく前向きに一人前を目指して実践教育を受けてください。

今教えてくれている先輩だって、数年前は同じ悩みを抱えて新人時代を送っていました。今が踏ん張りどきです。

サブコンテンツ
一度でも転職を考えたことがある新人看護師さんへ

  • 今の職場に不満がある
  • 将来やりたい看護がある
  • 新人としてのスタートに失敗したのでやり直したい

こういった現状で転職の可能性が少しでもあるなら、早めの行動を起こすことが大切です!

そこで今すぐ活用できるのが『看護師専門の求人サイト』です。

実績上位の2~3サイトに無料登録しておけば、全国の求人のほぼすべてを見ることが出来ます。

そして、いざ応募する段階になったら、アドバイザーによる採用率アップのためのサポートを受けることができます。

今すぐの転職ではなくても、まずここで情報収集をスタートさせておくと、後々の仕事探しが断然スムーズになります!

看護師専門求人サイトの登録・利用はすべて無料です。

経験が浅い新人看護師でも有利に仕事探しを進めていくことができるので、どんどん活用していきましょう!

↓おすすめの登録先はこちら↓

【2020年版】
看護師専門求人サイトランキング

※最新の「紹介実績・口コミ評価・サポート充実度」を総合したランキングです。

  1. マイナビ看護師

    利用者満足度96%以上を毎年キープしている人気No.1の定番求人サイト。

    定着率の高い求人が厳選されているので、第二新卒看護師でも安心!求人のバリエーションも豊富なので、「病院以外の職場」にチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

  2. ナースではたらこ

    膨大な求人保有数が強みの求人サイト。常勤と非常勤のどちらの求人もバランス良く揃っているので、働き方の選択肢を増やしたい方におすすめです。

  3. 看護のお仕事

    親身なサポートが評価されている求人サイト。あせらずにじっくり転職活動を進めて行きたい方におすすめです。

このページの先頭へ