病棟勤務の新人看護師向けアドバイス(挨拶、異動、転職 .etc)

新人看護師の方々は、今の職場が初めての就職場となる方が多いのではないでしょうか。

仕事に溶け込む為には、それなりのマナーが必要です。

また、総合病院や大病院では、異動や配置換えがあることがあります。

そして、今の職場が合わないと転職や退職を考える新人看護師もいます。

病棟に居ん蒸してみて、今、どのような思いがありますか?思い通り、念願叶った場合は問題なく仕事を行えるでしょう。

しかし、そんな場合でも、ちょっとした工夫で働きくもなり、働きにくくもなります。新人看護師のうちに第二新卒として転職しようと考えている方も多いです。

職場に馴染む挨拶方法、異動を命ぜられた時、転職の際など、それぞれに対して、少しずつアドバイスします。

職場に馴染む挨拶やマナー

新人看護師が職場に溶け込むためには、新人看護師自身の仲間に言えてほしいと言う意欲と態度が必要です。新人看護師と言う立場上、教えて貰う事が多かったり、失敗やミスで迷惑をかけてしまう事があります。

そのような新人看護師が、挨拶もできず、横柄な態度であったらどうでしょう。自分が逆の立場であれば、そのような新人に教えたり声をかけたいと思いますか?

職場に馴染みたい気持ちがあるならば、自分自身の姿勢や態度をもう一度見直すことが大切です。自分がされて嫌な気持ちになる反応や態度は絶対に見せてはいけません。

●まずは、すれ違うどの人にも挨拶をしよう。
患者さん、患者さんの家族、見舞客、先輩、同僚、医療スタッフなど、病院には多くの人々が行きかいます。明朗に、感じよく誰にでも挨拶する事で好印象が得られます。やはり、明るく元気に出勤、仕事が出来る新人看護師には、職場も受け入れたい、頑張ってほしいと思うものです。

●病棟では、初めの第一印象が肝心。
第一印象が肝心です。

やはり、薄めのナチュラルメイクで、髪の毛を束ね、アイロンがかった白衣で清潔感に器をつけて出勤しましょう。そして、恥ずかしがらず、ハキハキと自己紹介をしましょう。

●指導や注意に対し、感謝の意を持つ。
分からない事だらけの新人看護師は、教えてもらえたことに対して、反応し感謝の意を持って対応しましょう。頷く、理解を示す、分からない時はもう一度聞く、メモを取る等、教われている、分かろうとしている姿勢を示しましょう。

●教えて貰ったり、フォローして貰った時は、御礼を伝える。
「ありがとうございます」「たすかります」などの言葉は重要です。これが言えるだけで、先輩や上司は、またフォローしてあげよう、教えてあげようと言う気持ちになります。

●挨拶や話をする時は目を見て話す。
ただ、頷く、お礼を言うだけではいけません。心をこめて意思表示が必要です。
先輩や上司が話している時は、目を見てしっかりと聞いている姿勢を見せましょう。

新人看護師の異動

新人看護師にそとっての異動は、自分から希望する場合と、上司から言い渡されることがあります。では、どのような時に新人看護師は異動するのでしょうか。

基本、新人看護師は基礎教育の家庭であるため、異動をすることはありません。異動を言い渡された時とその心構えを知りましょう。

自分から希望する事で異動するケース

それは、プリセプターン不一致であったり、自分には難しい現場と感じ、悩み苦しんでいる時に上司に相談すると、自分にもなれることが出来そうな職場に配置転換されることがあります。

新人時代の初期は、誰でも出来なくて当然と現場は判断し、なかなか異動希望等は行け入れられないことが多いですが、近年リアリティショックによる退職やうつ病発症の新人看護師が多くなっている現状から、早期でも異動希望を受け入れる医療現場もあります。

上司から異動を言い渡されるケース

それは、基礎研修中の新人看護師の現場での馴染む状況や向き不向きに関して、上司が判断する場合です。性格上や適正上、なかなか今の職場では適応困難と判断された場合、その新人看護師の特性に合う現場に配置転換されることがあります。

この時は、チャンスととらえるべきです。

長年看護師教育や指導に携わった上司が、自分の向いている現場に転換させてくれることは、自分自身もあった現場に変われると言う事になるからです。誰しも向き不向きがある為、異動を言われたからと言って落ち込む必要はありません。

ローテーション研修後、希望の異動先の聞き取りがあるケースも

卒後教育の一環で、ローテーション研修を組み込む現場が増えています。

内科系、外科系、救急、手術室など、期間を決めてめぐり、その現場での看護を学びます。その研修後の印象で上司と自分が相談し、興味ある分野や、向いていそうな現場に配置されることもあります。


自分から異動希望を出した場合でも、上司から言われた時でも、前向きに異動を受け入れることをお勧めします。特に上司から言われた場合は、自分の適性が無いと落ち込むことがあります。

しかし、自分に合った現場で働けるようになると言う事は、自分に取ったも重しが少なく馴染めることが考えられます。働きやすくなることが考えられる為、意欲を持って、その異動先に行ってみましょう。


病棟勤務の新人看護師が転職の時に気を付けたいこと

いじめや教育体制の不備の場合

このような場合は、次の職場に期待をかけることも良いでしょう。自分が成長するために、必要な教育は受けるべきで、いじめ等をするような職場では良い看護を学べません。

しかし、もう一度見直してください。

自分のその職場での態度はどうでしたか?
周囲の人々を嫌にさせる行動や言動、教育中の態度はありませんでしたか?

そこに何か引っかかりがあるのであれば、自分の言動や姿勢を見直さなければまた、同じことを繰り返します。

やりたい看護のために転職する場合

転職先ではどのような看護師になりたいですか?

新人看護師の1割が就職後1年以内に退職・転職をすると言われています。

転職を繰り返さない為にも、今後のビジョンや展望をはっきりさせておくことが大切です。
自分の夢に向かって、それを実現出来る現場、そのフォロー体制が従事地してる職場を探すことが大切です。

サブコンテンツ
一度でも転職を考えたことがある新人看護師さんへ

  • 今の職場に不満がある
  • 将来やりたい看護がある
  • 新人としてのスタートに失敗したのでやり直したい

こういった現状で転職の可能性が少しでもあるなら、早めの行動を起こすことが大切です!

そこで今すぐ活用できるのが『看護師専門の求人サイト』です。

実績上位の2~3サイトに無料登録しておけば、全国の求人のほぼすべてを見ることが出来ます。

そして、いざ応募する段階になったら、アドバイザーによる採用率アップのためのサポートを受けることができます。

今すぐの転職ではなくても、まずここで情報収集をスタートさせておくと、後々の仕事探しが断然スムーズになります!

看護師専門求人サイトの登録・利用はすべて無料です。

経験が浅い新人看護師でも有利に仕事探しを進めていくことができるので、どんどん活用していきましょう!

↓おすすめの登録先はこちら↓

【2020年版】
看護師専門求人サイトランキング

※最新の「紹介実績・口コミ評価・サポート充実度」を総合したランキングです。

  1. マイナビ看護師

    利用者満足度96%以上を毎年キープしている人気No.1の定番求人サイト。

    定着率の高い求人が厳選されているので、第二新卒看護師でも安心!求人のバリエーションも豊富なので、「病院以外の職場」にチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

  2. ナースではたらこ

    膨大な求人保有数が強みの求人サイト。常勤と非常勤のどちらの求人もバランス良く揃っているので、働き方の選択肢を増やしたい方におすすめです。

  3. 看護のお仕事

    親身なサポートが評価されている求人サイト。あせらずにじっくり転職活動を進めて行きたい方におすすめです。

このページの先頭へ