早期離職する前に考えるべき選択肢

新人看護師の離職の現状

日本看護協会の調査では、国家試験に合格し、病院に初めて就職した新人看護師の9.2%が1年以内に退職しているという結果を2006年調査で打ち出しています。看護師と言う仕事に理想を描き、こうなりたいと言う希望を胸に白衣に身を通した看護師中の、10人に一人が、夢破れて転職してるという結果となっています。

その中で、もっとも多い原因は、リアリティショックと言われています。理想と現実のギャップが埋められず、「こんなはずじゃなかった」と退職してしまうと言う現状があります。それは、看護学校の実習は、基礎の基礎を経験し、実際の病棟のケースと大きくかけ離れているという事があります。基本的に、受け持ちやすい、分析し易い患者さんであり、性格も温和だったり、実習の受け入れが良好な患者さんを担当する事が多いのが学校教育の特徴です。

しかし、実際の現場では、多くの疾患をかさめて有していたり、気難しい患者さん、重症や重病の患者さんと、これまで見た事が無いようなケースに遭遇することが多くなります。その差に驚き、「自分には対応しきれない」と自信を無くして退職してしまいます。また、現場の実践主義により、高い実戦力と、早期の自律や「一度で覚えなさい」と言うようなプレッシャーに落ちつぶされて、継続を断念するケースもあります。

この他にも、プリセプターや教育指導者と性格や教育方針がかみ合わず、人間関係に困難さを感じて退職する事もあります。これらのトラブルから、新人看護師の精神疾患の罹患による休職や退職が増加しているという報告もあります。

離職しない為の自分なりにできる対策

看護師として働き始めたのに、そんなに早く結論を出す必要はありません。学ぶことの多い新人看護師さんですよ?その結果を出すまでにどれだけの努力をしましたか?そして、そんなに早く諦めるほど、あなたの熱意は低かったのでしょうか?

●まずは、自分の行動や言動を見直してみましょう。
新人として教わる為の言動、行動は適切でしたか?
人にものを教わる時、「お願いします」「ありがとうございます」という必要最低限の誠意を伝える必要があります。そして、メモをとっていますか?せっかく教えているのに、書き留めもせず「ふんふん」とうなずくだけの人に、誰が何を教えたいでしょう。次に覚えているかもわからない状態で、教える価値が無いと判断します。

しかし、きちんと書き留めて、真剣に見学していれば、もし分からなくなっても「頑張って聞いていた」と言う印象があり、もう一度教えてあげようという気持ちになります。教える側の立場に立ち、どうすれば教えてもらえるかを考えましょう。

●悩みを誰かに相談しましょう。
信頼できる先輩やプリセプターがいれば、どんな些細なことでも打ち明けましょう。その先輩も新人時代がありました。「自分もそんな時あったよ」と勇気づけられるような言葉が返ってくる事があります。良いアドバイスを期待できます。

また、看護を知らない友人や家族にも相談してみましょう。違う観点から意見を聞けたり、ただ話を「そっか、うん。うん。辛いんだね」と思いを共有してもらえるだけで、心は強くなれます。どんな関係でも構いません、自分の思いを吐露できる人へ話してみましょう。

●ストレス発散をしましょう。
新しい環境で、知らない事を始めることは多くの苦痛を伴います。特に新しいまだ見ぬ世界に飛び込んだ新人看護師は、多くのストレスにさらされます。それを蓄積することは身を滅ぼすと考えても良いでしょう。看護師の精神疾患は問題化されるようになっています。

趣味や余暇活動、ストレス発散や休暇の充実により心に栄養を与えてください。ドライブでも、ご褒美のスイ-ツでも、一人旅行でも、外食やランチでも、アロマオイルやマッサージでも、ただ眠るだけでも自分に合ったストレス発散方法を見つけてください。

看護師資格の強みを活かした「転職」という選択肢

後は、自分の頑張りを認めてあげましょう。新人だから出来ないことはできない、出来るようになる日が来ると、今を許容してあげてください。しかし、出来る為の努力は必要です。

しかし、あまりにも自分には無理だと感じ、精神的バランスを葛生ス様な事があれば、転職を考えても良いでしょう。仕事はたくさんありますが、自分の人生は一回きりです。精神疾患になるくらいなら、違い職場で違う人生を送る事も一つの決断です。

看護師の転職は、看護師専門の求人サイトの活用をお勧めします。転職方法として、ハローワークや看護協会のeナースセンター、友人の紹介や広告など多くの転職方法がありますが、転職先の雰囲気や環境、労働条件を確約しながら良い転職先を決定するには、看護師求人サイトの利用が最適です。

専属担当者が、要望や希望を聞いてそれに合った職場を選択肢、労働条件を先方と確認しながら自分の納得いく好条件の転職を目指します。自分の要求を聞いてくれるような転職方法は、看護師求人サイトの活用しかないと言っても過言ではありません。まずは、自分の希望や展望を明確にするためにも、看護師求人サイトにインターネットから登録し、情報収集を始めてみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ
一度でも転職を考えたことがある新人看護師さんへ

  • 今の職場に不満がある
  • 将来やりたい看護がある
  • 新人としてのスタートに失敗したのでやり直したい

こういった現状で転職の可能性が少しでもあるなら、早めの行動を起こすことが大切です!

そこで今すぐ活用できるのが『看護師専門の求人サイト』です。

実績上位の2~3サイトに無料登録しておけば、全国の求人のほぼすべてを見ることが出来ます。

そして、いざ応募する段階になったら、アドバイザーによる採用率アップのためのサポートを受けることができます。

今すぐの転職ではなくても、まずここで情報収集をスタートさせておくと、後々の仕事探しが断然スムーズになります!

看護師専門求人サイトの登録・利用はすべて無料です。

経験が浅い新人看護師でも有利に仕事探しを進めていくことができるので、どんどん活用していきましょう!

↓おすすめの登録先はこちら↓

【2020年版】
看護師専門求人サイトランキング

※最新の「紹介実績・口コミ評価・サポート充実度」を総合したランキングです。

  1. マイナビ看護師

    利用者満足度96%以上を毎年キープしている人気No.1の定番求人サイト。

    定着率の高い求人が厳選されているので、第二新卒看護師でも安心!求人のバリエーションも豊富なので、「病院以外の職場」にチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

  2. ナースではたらこ

    膨大な求人保有数が強みの求人サイト。常勤と非常勤のどちらの求人もバランス良く揃っているので、働き方の選択肢を増やしたい方におすすめです。

  3. 看護のお仕事

    親身なサポートが評価されている求人サイト。あせらずにじっくり転職活動を進めて行きたい方におすすめです。

このページの先頭へ