新人看護師の奨学金返済の実態

看護師になる為には、専門教育を受け国家試験に合格しなければなりません。その専門教育を受けるために、看護専門学校や看護大学を卒業するわけですが、その費用は高額を要します。経済状況によっては、奨学金を受け、学習に励む学生もいます。

時には、特定の病院に就職する事を確約して、その病院から奨学金を得て学習に励む学生もいます。卒業すると、その返済が始まります。

奨学金制度を活用して利用した場合は、月額決められた額を返済していきますが、医療機関の奨学金を得た人は、そこに勤務する事により返済の義務は果たされます。

しかし、決められた期間勤務せずに、その医療機関を退職したいとなると、一括返済を求められることがあり、近年増加傾向の新人看護師早期退職者との問題が生じるケースがあります。

新人看護師の奨学金返済について正しく理解し、社会人としてのルールを弁えましょう。

御礼奉公と奨学金返済

特定の医療機関に就職する事を前提で、その医療機関から修学資金の援助を受けた場合、御礼奉公という返済免除の勤労期間を設けられます。多くは3年、5年は勤務して貰うという確約のもと奨学金貸与している医療機関もあります。

卒業までの資金援助として概ね200万円~300万円というケースが多いようです。

しかし、「御礼奉公」という行いは、実質違法だそうです。

労働基準法に違反し、退職しその残金を返済すると言う事であれば、その医療機関での勤務を辞めることが出来ます。

違法だからと言って、その借りた資金を返済しなくてよいと言う事ではありません。退職する代わりに一括や分割返済はしなければなりません。

御礼奉公で、その職員を職場に縛っていると言う事が問題なのです。よって、自分が受けた貸付を返済する義務はあります。

大体の職場では、1年勤務したら1年分の貸し付けを返済免除されることが多いようです。

奨学金のメリットとデメリット

メリット

  • アルバイトなどで時間を取られることが無く、勉学に専念できる。
  • 奨学金の種類にもよりますが、医療機関で奨学金を得ると、働くことで返済免除となる。
  • 安い学費の学校であれば、奨学金の方が学費より高額となり、お金の心配なくゆとりある教育が受けられる。
  • 親に迷惑かけずに、自分の夢を叶えられる。

デメリット

  • 奨学金を受けたその医療機関に必ず勤務しなければならない。
  • 辞めたいけれど、返済がある為どの奨学金を受けたにしろ働かなければならない。
  • 御礼奉公期間内に退職すれば、奨学金を一括返済しなければいけない、返済の義務が生じる。
  • 奨学金により、自分に使える自由なお金に縛りが出る。

奨学金を利用する際の注意点

●無利子のものを利用する
利子が付くものは、返済期間中にその利子により返済額が高くなります。なるべく負担をしたくないものですから、無利子のものを選択しましょう。

医療機関の奨学金を利用する際は、もし返済期間中に退職の意思が出た際の対応策や、取り決めをしっかりと雇用側と話し合っておかなければトラブルのもとです。

●返済能力に応じた返済計画を立てる
自分の月々の給与とボーナス、毎月必要な生活費など必要経費を差し引き、自分の交際費や私生活に利用するお小遣いを考慮し、いくらなら毎月滞らずに返済できるかを考えます。

ゆとりある返済でなければ、月の生活に支障がでます。急な冠婚葬祭など、社会人は急に入り用となる事もあります。それも考えのもと、返済額を決定する必要があります。

●返済しなければならないと肝に銘じておく
御礼奉公にしろ、毎月返済していくにしろ、返済しなければいけないと言う事に変わりありません。自分が受けた支援に対し、誠実に、着実に返済していく姿勢が必要です。

御礼奉公は違法だから返済しなくておいと言う事ではありません。御礼奉公をしないのだから、金銭として返済していかなければいけないと言う事を考慮して、借りる前に、本当にその医療機関で働く意思があるかを考え直してみてください。

●何に為に借りるのかという目的意識を持ち、夢の実現に全力を尽くす
看護師になる為、こんな看護をしたいからなど目的意識が無ければ、働く意思も出てきません。返済しなければいけないから働くと言う事は、悲しいことです。

何のために、誰の為に、自分の夢がこうだからという意思を固めて奨学金を得ることで、返済する事が苦痛とはならなくなります。

奨学金を肩代わりしてくれる医療機関に転職する事も出来る(立て替え返済制度)

御礼奉公をする理由は、一括返済が困難だからという新人看護師もいます。しかし、なりたい自分、なりたい看護師像を実現するために退職を考えている新人看護師もいます。

その場合は、奨学金を借用していることを伝えて、その残金を立て替えて採用してくれる医療機関へ転職するという選択肢もあります。

サブコンテンツ
一度でも転職を考えたことがある新人看護師さんへ

  • 今の職場に不満がある
  • 将来やりたい看護がある
  • 新人としてのスタートに失敗したのでやり直したい

こういった現状で転職の可能性が少しでもあるなら、早めの行動を起こすことが大切です!

そこで今すぐ活用できるのが『看護師専門の求人サイト』です。

実績上位の2~3サイトに無料登録しておけば、全国の求人のほぼすべてを見ることが出来ます。

そして、いざ応募する段階になったら、アドバイザーによる採用率アップのためのサポートを受けることができます。

今すぐの転職ではなくても、まずここで情報収集をスタートさせておくと、後々の仕事探しが断然スムーズになります!

看護師専門求人サイトの登録・利用はすべて無料です。

経験が浅い新人看護師でも有利に仕事探しを進めていくことができるので、どんどん活用していきましょう!

↓おすすめの登録先はこちら↓

【2020年版】
看護師専門求人サイトランキング

※最新の「紹介実績・口コミ評価・サポート充実度」を総合したランキングです。

  1. マイナビ看護師

    利用者満足度96%以上を毎年キープしている人気No.1の定番求人サイト。

    定着率の高い求人が厳選されているので、第二新卒看護師でも安心!求人のバリエーションも豊富なので、「病院以外の職場」にチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

  2. ナースではたらこ

    膨大な求人保有数が強みの求人サイト。常勤と非常勤のどちらの求人もバランス良く揃っているので、働き方の選択肢を増やしたい方におすすめです。

  3. 看護のお仕事

    親身なサポートが評価されている求人サイト。あせらずにじっくり転職活動を進めて行きたい方におすすめです。

このページの先頭へ