新人時代に離職した看護師の再就職ガイド

新人看護師時代に退職を決意する原因は、自分自身に原因がある場合と、勤めている職場に原因があることがあります。

健康上の問題、仕事が合わないという問題、いじめや人間関係の問題、勤務形態や労働条件の問題などがあります。

新人看護師が再就職を進める際に問題点となることは、新卒看護師ではない事や経験が浅く即戦力にはなれないと言う事です。また、雇用側として「また早期退職してしまうのではないか」と懸念してしまうと言う事があります。

早期退職した若い新人看護師の再就職活動の進め方について良く理解し、よりよい職場への再就職を実現しましょう。

まず、新人看護師の退職理由として多いものは何か知っておこう

  • リアリティショック:現実と理想とのギャップを埋められず、自信喪失
  • 過労と疲労の蓄積、バーンアウト:頑張り続けた結果、燃え尽き症候群、意欲低下
  • 健康上の問題:内臓疾患や腰痛などの肉体的健康悪化、ストレスによる精神疾患
  • 労働条件が悪い:過重労働、サービス残業、休暇の不足、低給与など
  • 教育環境の問題:プリセプターとの不一致、教育支援が無い、研修などを受けられるゆとりが無い、研修を企画されない
  • ミスの連続:注意されることや叱られることにより看護師が向いていないと感じる
  • 人間関係:先輩や上司からの嫌がらせやいじめ

新人看護師は、入職して1年以内に退職する現状として全体の9.2%が早期退職に至っていると言われています。

大病院と、中小病院を比較すると、大病院の方が教育環境の充実や新人看護師のフォロー体制の整備により退職者が少ないと言われています。

新人看護師以外にも、給与や待遇面が充実し、教育他指導をする看護師の精神的充実や余裕により、ゆとりある実践教育受けられる現状があります。

所によっては、プリセプターも付かず、見よう見まねで看護業務を始める医療現場も存在し、その教育のあり方やフォローアップ体制により新人看護師の退職や離職げんいんとなることがあります。

業務上の問題による離職

業務整理が行われておらず、残務や残業が多く、休日出勤にサービス残業と仕事に追われる日々に疲れてしまう新人看護師が多くいます。

そして、これから長く続くであろう看護師生活がこのまま長く継続すると考えられると、働き続けることが苦痛と感じたり、無理だと感じ退職する場合があります。この忙しい状態で、研修や自己啓発に費やす時間が少なく、能力開発を見込めないと感じ退職する場合があります。

健康上の問題による離職

過労、残業、不規則勤務、初めての常勤仕事による身体的疲労や精神的ストレスの蓄積から健康を害し、仕事が出来なくなることがあります。

特に多い疾患として、心身症、鬱状態やうつ病、パニック障害、胃腸障害、胃潰瘍などがあります。

症状は早期に出ているのに、我慢して頑張り続けた結果、状態が悪化し仕事を継続していくことが困難となり療養をしなければならない状況になってしまう場合があります。

教育上の問題による離職

プリセプターシップ制やパートナーシップシステムを導入する医療現場が多くなっています。その関係性により仕事がしづらいと退職原因になる場合があります。

プリセプターと性格が合わず、教育や指導方法に不満や不安があったり、厳しすぎるとストレスを抱える場合があります。

パートナーシップ制では、二人ペアで活動すると言うプレッシャーや組み合わせに対する不満や不安から、この環境では仕事を続けたくないと感じる場合があります。

また、そもそもプリセプターやパートナーシップを導入せず、特に教育体制を整えておらず、「見て覚えなさい」「実践して覚えなさい」というような現場も存在し、看護師としての成長を見込めないと早期退職の原因とする場合があります。

早期離職した新人看護師にとって再就職に適した職場とは?

看護学校で就指導職を行うには、大病院や公立病院を薦める傾向にあります。

それは、やはり教育環境や労働環境の整備状態が良く、新人看護師でもやりがいを感じながら、看護師としての仕事をスタート出来、適切な教育を受けながら自分の行いたい看護を実現するために良い環境と言えるからです。

早期退職した若い看護師にも同様の事が言えます。

なぜなら、一人前の成長は期待できず、即戦力となれない為「再教育」が必要な存在である為です。

また、前職の教育環境によっては、一から教育を始めなければならない若手看護師もいる為、第二新卒と言われる看護師になって三年以内の看護師の雇用や教育に熱意のある「第二新卒歓迎」求人を選択する事をお勧めします。

総合病院、国公立病院、大学病院では、教育支援や教育経験が豊富で、一度離職経験のある新人看護師の育成にも力を注いでいる現場が多くあります。

新人教育後のキャリアアップ計画を充実させたり、研修制度の充実や研修や資格取得支援を行っている医療現場も多く、看護師として働き続けるには遣り甲斐ある現場となるのが、大病院と言われる医療機関です。

新人看護師の再就職への心構え

再就職するには大切な心掛けがあります。

就職試験を受ける際に、雇用側が抱える「また早期退職するのではないか」という不安を払しょくできる志望動機や、再就職へのやる気を見せることです。

また、一度医療現場を経験して言えると言う根拠のない自信や実績を語らないことです。新人看護師で、経験が浅いとなると実務経験はないと自分で自分を評価しておいてください。

少しでも経験があると大きな顔をして入職した場合、教育を担当してくれる先輩看護師は言い気分がしません。謙虚な気持ちでもう一度一から教わるという気持ちで仕事に臨みましょう。

サブコンテンツ
一度でも転職を考えたことがある新人看護師さんへ

  • 今の職場に不満がある
  • 将来やりたい看護がある
  • 新人としてのスタートに失敗したのでやり直したい

こういった現状で転職の可能性が少しでもあるなら、早めの行動を起こすことが大切です!

そこで今すぐ活用できるのが『看護師専門の求人サイト』です。

実績上位の2~3サイトに無料登録しておけば、全国の求人のほぼすべてを見ることが出来ます。

そして、いざ応募する段階になったら、アドバイザーによる採用率アップのためのサポートを受けることができます。

今すぐの転職ではなくても、まずここで情報収集をスタートさせておくと、後々の仕事探しが断然スムーズになります!

看護師専門求人サイトの登録・利用はすべて無料です。

経験が浅い新人看護師でも有利に仕事探しを進めていくことができるので、どんどん活用していきましょう!

↓おすすめの登録先はこちら↓

【2020年版】
看護師専門求人サイトランキング

※最新の「紹介実績・口コミ評価・サポート充実度」を総合したランキングです。

  1. マイナビ看護師

    利用者満足度96%以上を毎年キープしている人気No.1の定番求人サイト。

    定着率の高い求人が厳選されているので、第二新卒看護師でも安心!求人のバリエーションも豊富なので、「病院以外の職場」にチャレンジしてみたい方にもおすすめです。

  2. ナースではたらこ

    膨大な求人保有数が強みの求人サイト。常勤と非常勤のどちらの求人もバランス良く揃っているので、働き方の選択肢を増やしたい方におすすめです。

  3. 看護のお仕事

    親身なサポートが評価されている求人サイト。あせらずにじっくり転職活動を進めて行きたい方におすすめです。

このページの先頭へ